タローさんちの、えんがわ

「音楽をする」って、 「音楽的に生きる」ってこと

絡めとられないこと

もう7年前になるのか…短い時間でそんなに突っ込んだ話をした訳じゃないけど、たのしい対談だった。今はもう前世の記憶のように感じてもいる。
 
この取材の3年後、2018年頭にアルメニアの詩人と出会いアルメニアの音楽を演奏した。その年の秋にアルメニアを訪れたけれど、次の年にアルメニアは戦禍に巻き込まれてしまった。2019年頭にはロシアとウクライナの詩人に出会い両国の音楽を演奏した。それ以来ロシア辺境やウクライナなどの音楽文化を追いかけていたけれど、今はこんなことになってしまっている。
これらの地域の文化や歴史については以前から関心を寄せていた分、人よりは知ろうとしてきた気もするけれど、それでも未だ知らないことが多すぎる。
普通に生きていたら「見せられていることしか、見えてはいない」…つまり「知らされていることしか、知り得てはいない」。知り得ていることとは、単に「知らせてよいと何処かで判断され•見せられていること」に過ぎないとも言える。
だから僕たちは「何を見せられているか•なぜそれを、見せられているか」を考えなければならないし、「なぜそのように見せられているのか」を読み取ろうとしなくてはならない。でないと僕たちは簡単に、様々な思惑やコントロールに思考ごと絡め取られてしまう。
実際今見えていることは、「見せられているように」今になって始まったことではない。軍事行為はずっとあちこちで「続いていた」。しかし世界のメディアは基本的にダンマリを決め込んでいて、それらの情報はほぼ積極的に知らされることはなく、故に話題にもならず認知もされなければ大した支援も行われず、国旗を掲げて応援されることも、軍事行為の首謀者やその裏で儲けている者たちを非難することも、それらの国に経済制裁を加えることも、プラカードを掲げてその指導者を悪魔扱いすることも大してないまま、半ば放置されてきた。だから、見えはじめた時にはあらゆる情報に対して注意しなくてはならないし、こういうことに関して大勢が同じ行動をし始めた時には、とりまく状況に対して注意しなくてはならない。
見せている情報やその見せ方に、「予想通り」集団的に反応してしまう市井の人々を尻目に、裏で舌を出している者たちがいつの時代にも必ずいる。歴史を少しでも学べば、このやるせない事実に必ず直面するのだから。
見せられているものだけでついつい全貌を知ったような気になり、情報を共有している集団で画一的な反応をしてしまうことや、集団で行動してしまうことはとても危険なことだし、それはこれまでの歴史で多くの人が学んできたことだと思う(ちなみに僕が大学一回生の時に最も関心を寄せていたのは、グループダイナミクスにおける集団脳炎と呼ばれる現象だった)。
とりわけ「分かったような気になってしまう」ことは、容易に僕たちを思考停止に導く。だから「分かったような気にならないでいられる人」が世の中に増えることを切に願う。
世界の分断に心痛めるなら、少なくともこの日本社会において、「分かる」という言葉がなぜ「分ける・分かつ」という言葉や文字とつながっているのか、そこに敏感になった方がいいだろう。
メディアは、分かりやすいストーリーを提供しやすい。社会は、分かりやすいストーリーにのりやすく、人々は分かりやすいストーリーを求め共有しようとする。分かりやすい感情は共有しやすく、正当化もしやすい。実際、分かったような気になった方が人間は行動がとりやすくなるし、それによって共感を得たり仲間も得たりして、人間は「得心しやすくもなる」。そうして一度周囲と共有した「分かった」は、簡単には手放せなくなってしまう。
正しく行動したい、と願う人々は多い。しかし「疑いようのない正しさ」を掲げるが故に疑うことができなくなり、集団で行動してしまうような危うさが人間にはある。正しいを掲げることは、認識世界を正しい側と間違った側に単純分断してしまう。純粋で、ある意味無垢な反応が、時としてそこに「仕込まれた分断」を助長させ、加速させてしまうことが、残念ながら世の中には往々にしてある。平和を求める人々の声や行動は、勧善懲悪の幻想に陥りやすく、それらは都合の良い対立構造に容易に絡め取られやすい。人々を、絵図通りに「絡め取っていく」技術には、実に長い歴史がある。年月と悲劇を積み重ね練り上げられて来た、冷酷で狡猾でパワフルな技術だ。
見せられているストーリーの裏で、見えにくいままにされていることもある。正しいと思えることをする事で、見えにくくなってしまうことだってある。純粋で無垢な平和を求める気持ちが、思わぬ方向に絡め取られ利用されてしまうこともある。単純ではない、極めて複雑…僕たちに必要なのは、その複雑を覗き込もうとする眼差しを養うことかも知れない。
こんな世界を、変えたい。多くの人がそう願っているはずだ。でも変化は始まってもいて、今多くの人が変化そのものになりつつあり、一人一人が自分自身や世界への眼差しを変えることでそれは近づいて来るとも思っている。
戦争は多くの人々を絡めとる巨大で暴力的なストーリーだ。それは時として、戦争と名乗ってはいない。時には平和希求や安心安全の顔もしながら、手を差し伸べ、人々を招く。ご丁寧なことに、バナーやステッカーやキャッチフレーズまで配ってくる。知らず知らずのうちにストーリーのコマにされ、避けるつもりがその思惑に加担させられてしまう。想像を超えた巨大な化け物に、命をかけた知恵比べを持ちかけられているようなものだ。
特定の国名や民族名などを挙げたくないし、お揃いのコピーやプラカードも掲げたいとは思えない…声を大にできるような正しさが、思わぬ方向に力を与え、制御できない力を野放しにしてしまうことを、僕はつい憂慮してしまう。
戦禍に巻き込まれている地域、その戦禍が及びつつある様々な地域に住む、あらゆる人々のために、一刻も早い停戦を願うばかりだし、切実に心の底から平和を求めている現地の人々のために祈りたい。せめて自分も変化の一部でありたいし、複雑を覗き込み、知恵比べを挑み続ける自分でありたいと思う。

父の命日

脊髄小脳変性症という、指定難病18に分類される病?がある。僕がそうで、父と祖母もそうだった。つまり脊髄小脳変性症の中でも遺伝型のタイプ。一度発症し進行し始めると、その進行を緩めるしか方法はない(現段階では治療ができない)ので、父は長い闘病生活の中で様々なリハビリに取り組んでいた。特効薬のようなものの登場を心待ちにしている人々も多いが…父はこの症例に関して薬に頼ることはナンセンスと考え続けていた。今日はそんな父の命日だ。

f:id:KishimotoTaro:20220122165008j:plain

アルメニアのBlul。この笛の修行も今年で4年目に入った。

ところでそんな厄介な病の発症を遅らせ進行を緩める極めて有効な方法の一つに、何と「新しい楽器にチャレンジし続ける」というのがあるそうだ。新しい楽器にチャレンジすることは、脳に極めて多彩な刺激を与え活動領域を拡げる。道理で…昔から、常に新しい楽器や音楽をやってみたくなる訳だ(笑)
南米音楽を舞台でやり始めた頃、歴史的な探求から植民地時代の音楽や中世ルネサンス期の音楽などもやってみたくなった。後にそこからつながってケルト文化圏、特にアイルランド音楽や西洋各地の辺境音楽をやってみたくなった。同時に10代の頃から聞き馴染んでいたアジア諸地域の音楽や、東欧やバルカン諸地域の音楽にも手を出してきた。無節操と見られても仕方ないレベルだ。
その時々で、いろんな人たちから「仕事的にはそういうの絶対やめておいたほうがいい」と注意された(笑)。理由は簡単で…日本人は仲間意識が強く、違う音楽に手を出した瞬間「裏切った・浮気症・自分たちほどにはこの音楽を大事に思ってなかったんだ」とレッテルを張られ、マニアやオタクな客が特に離れていくという。そして「広く浅く」という言葉がある通り、一つのことをやってる人の方が優れていると思い込んでる人がこの国には多いため、色々やってるだけで軽く見られたり客が付きにくくなったりするという。そして色々やってる人は基本的に一言で説明しにくいので一般的には分かりにくい…肩書的に分かりにくい人は扱いにくいので、仕事をゲットしにくくなるという。そしてもしも万が一、広く深くやったりしてそれぞれが優れたレベルに達しでもしたら、それはそれで疎まれたり付き合いにくい人として枠外に置かれたりするような憂き目にあうという。
なるほど、すごいな。本当に心配してこのような助言をしてくれたんだろうと思う。でもそうだとすれば、むしろ心惹かれるままに色んなことやり「わかりにくい人」でいた方が、この人生で本当に出会うべき人々に出会い、本当は必要性が薄い付き合いや、面倒くさい付き合い、そして思い込みや誤解とのたたかいに時間を奪われることもなく、向き合うべきものに向き合える人生になるのかも知れない。食い扶持的なデメリットを除けば(笑)それこそが、この上ない人生と言えるんじゃないかな。
でも時間が経ってみて、僕がいろんな音楽や楽器をやってきたのにはもう一つの理由があったことを知った。導かれている…というようなことが確かにある。「好奇心」や「興味」だけでは説明がつかない「何か」に引っ張られているような感覚は常にあったけれど…父が逝った年の秋はじめてアルメニアを訪れ、このBlulという笛を見てその場で「やってみよう」と思い立ったことは、今思い返しても不思議だった。以前ここにも書いたけど、今まで斜め型の笛は「やり始めてもおかしくない状況でも、やろうとして来なかった」んだから。
Blulを演奏する僕を、父は知らない。しかし、発音から運指から初めて尽くしのこの笛へのチャレンジは僕が予想していた以上に脳や身体への負荷が大きく(笑)、これはもしかしたら父に仕組まれたのかも知れない…と思うようにもなった。仕事柄、僕がそういった遺伝を引き継いでいること、そしてそれが発症してしまうことを父はずっと心配していたが、ここにきて最強の処方をブチかまされてるのかも知れない。
修業は、あそびでもあり、供養でもあり、祈りでもあるのかもなぁ。

2021年、年末二ヶ月のご報告

f:id:KishimotoTaro:20220106091106j:plain

ツクル森オープニングでのフヤラ合奏。スロバキアの巨大羊飼いの笛が毎年この京都の山奥で三本も並んで吹き鳴らされているとは、現地の人々も思いもしないだろうな
FBもブログも投稿する間もなく、あっという間に過ぎた怒涛の如くの2021年秋~冬…いや、単に元々の、発信や報告を二の次にし過ぎる癖が出てしまったのかも。
とは言え、年末の二ヶ月は本当に日々を文言化するような気分にはなっていなかった。11月には「ひらいた祭(イベント・フェス)」であるツクル森、そして12月には「とじた祭(祭事・儀礼)」である冬至祭…このエネルギー的にも秀逸な流れである年末に大行事&幾つかの重要な行事は、どれも一つ一つかみしめて心に留め置きたく、こうして誰に向かうとでもないような発信に落とし込みたくなかっただけなのかも知れない。

f:id:KishimotoTaro:20220106091318j:plain

ツクル森二日間終了後の記念写真…円形ステージの上の巨大ティピの中に集まったスタッフやお客さんのこの写真は、まるで地球にやって来た宇宙船の中身写真みたい

◆11月6日&7日「ツクル森」…ひらいた、まつり

今年は、この催しがイベントやフェスという範疇ではなく、ある意味新しい「ムーブメント」になりつつあることが明確に見えた年となった。職業柄これまで多くのイベントやフェスに出演してきたし助力もして来たけれど、ツクル森はそのどれとも異なった方向性を持っている。「そこをキャッチしている人々」が次々とつながり、そこをキャッチしている人々が模索し続けることで生まれつつある風景。それらに関して書きたいことや写真・動画はいっぱいあるんだけど…そういうのがあまりにもあると「何も書けねぇ~!」ってなっちゃうことが今回よくよく分かった(^-^;

f:id:KishimotoTaro:20220106091714p:plain

今年はボランティアの撮影隊もいたのに、個の恒例・東欧フォークダンスの写真がやたらに少ない…そりゃそうだ、みんな踊っちゃってんじゃん!!

f:id:KishimotoTaro:20220106091831p:plain

写真や動画なんて撮ってる場合か、踊っちゃえ~!!

f:id:KishimotoTaro:20220106091924p:plain

いや、そりゃ写真ないわコリャ…輪になった踊りは夕暮れまで続く

f:id:KishimotoTaro:20220106092056j:plain

今年は中国音楽やハワイ音楽など、世界の音楽会は盛り沢山だった…そしてガムラン合奏団によるバリ音楽の演奏&ガムラン・ワークショップもついに実現!

f:id:KishimotoTaro:20220106092328j:plain

阪大で授業をとってくれてた学生さんたちもはじめて何人かこのツクル森にボランティアスタッフで参加してくれた…みんな、有り難う~❢数日間楽しかったね~~!!

f:id:KishimotoTaro:20220106094818j:plain

今年はじめて登場した、火起こしの儀式

f:id:KishimotoTaro:20220106094915j:plain

一番奥にあるジョンさんハウスは、居心地サイコー

f:id:KishimotoTaro:20220106095025j:plain

一日目の出演者総出演&即興セッション+ファイヤーダンスは、何だかヤバいほどの盛り上がり

f:id:KishimotoTaro:20220106095147j:plain

夜に行われる森の上映会も、超幻想的
◆12月22日「冬至祭」…とじた、まつり
毎年ここにもアップしている、地域住民しか参加できないこの「祭・儀礼」は文字通りの「祭」で、ある意味最も古くて最も新しい催事。それは「近代・現代」をスキップするような時間軸を内包している…という意味なんだけど、だからこそこれまで様々な音楽文化を追いかけて来た僕にとって、冬至夏至は地域の外に出たくない・他の仕事や用事をいっさい入れたくない節目の日になっている。そんな絶対的優先順位のようなものを明確にする事で生まれた視座のようなものが僕の中にはある。今年も一軒一軒巡りながらいろんな人の人生や暮らしに触れ、何だかしみじみと感じ入る時間を過ごさせてもらった。

f:id:KishimotoTaro:20220106092511j:plain

今年の冬至祭の精霊隊…この冬至祭は本気の祭でちゃんとした儀式でもあるから、(毎年の投稿にあるように)地域住民以外参加禁止、動画撮影や録音禁止で、写真も白黒にする決まりがある

f:id:KishimotoTaro:20220106093005j:plain

冬至祭のクライマックスの輪踊り…精霊たちによって冬至笛が吹く鳴らされる

f:id:KishimotoTaro:20220106093055j:plain

希望されたお家に到着後、森羅万象への感謝と鎮魂の儀礼では鹿の骨笛が演奏される…この後、家人のための祈りの儀式や輪踊りが始まる

f:id:KishimotoTaro:20220106093401j:plain

全ての儀式が終わると、その家の人たちとのお茶タイム…今年もいろんな家を訪れて、様々な暮らしや人生に触れて何だかしみじみと感じ入る時間を過ごさせてもらった

f:id:KishimotoTaro:20220106093526j:plain

最終地点の我が家でのセレモニーが終わると、恒例の冬至祭持ち寄りパーティー(食の儀)が始まる…毎年手作りの料理が持ち寄られるんだけど、どれも美味しくてレベルが高い

f:id:KishimotoTaro:20220106093732j:plain

地域の友人たちが持ち寄った料理にあちこちから手が伸びて「これ美味い!誰が作ったの?」「作り方教えて~」みたいな会話が飛び交うこの時間が、ホントに至福の時間
◆11月12日「鳥獣慰霊祭」、12月24日「ひかり保育園クリスマス・コンサート」
これら二つも、何よりも優先して引き受けたい催し。関西野生生物研究所が主催する「鳥獣慰霊祭」は、多くの動物たちが生息する地域に住む僕にとってもはや最重要な日になっている。心きよめてのぞみたい修行のような場。そして我が家の斜め向かいにある保育園での演奏は、地域の子供たちからいつも澄んだエネルギーを浴びている僕にとって、これまた最重要の催事。子供たちのスパークするエネルギーと、予測不可能なナゾ踊り(腹ばいで、半ば白目状態で高速回転し続ける、謎の踊り?)に吹いてしまい、演奏続行不可能に追い込まれたけれど…まさに心の安定が問われる修行の場。つまりこの二ヶ月は最重要・最優先の催しが続いていることになる。

f:id:KishimotoTaro:20220106093929j:plain

今年の鳥獣慰霊祭では洋子さんにも手伝ってもらって、なんとフヤラ二重奏も飛び出した
◆その他、様々なコンサートやステージ
実は仕事という意味では、日頃どちらかというと一般公開ではない場の方が今の僕には多い。つまり依頼を受けて演奏しに行く会員制の催事や式典・パーティーなどで、僕たちの音楽を「知らない人たち」、つまり初めて聴く人やそれ目当てじゃない人たち、もちろん音楽に全く興味がない人たちもいる中での演奏。大抵の場合BGMではなくコンサートなので、そういう人たちを相手に一時間ほど存分に楽しませる内容にしないといけないんだけど…ご存知の通り一般的には全く知られていない曲ばかりを選ぶ(笑)
こういう仕事は主催者や企画者からの信頼で声がかかるものだし、主催側から来場者への「プレゼント」でもあるから、やりたいものをやる…というような単純な感覚では出来ない。もちろん、勢いや押し出しだけではどうしようもない。責任があるし、年齢層も様々な人たちが、知らない音楽・初めての楽曲を楽しく興味津々に聴けるだけの工夫や技量が必要になる。正直一般的にメジャーな(イメージが付いてる)ジャンルの音楽なら、イメージで聴いてもらえはする。客席にいるのがファンなら、聴いているのは「それを求めて来てる人たち」だから、ある意味いつも通りでいい。でも、そうじゃない人たちが対象だと…好みを知らない人たち相手にその場で料理を作って出すようなものだ。
僕は元々、一般社会ではあまり知られてないような音楽文化に心惹かれてしまう人間だし、長年オリジナル作品を作って来た人間でもあるから、こういう場で自分のやってきたことの8割以上を封印して(笑)、信頼に応え役目を果たすのは…良い意味で人間を知ることや社会を知ること、そして修行になっている気がする。これもまた、ライフワークでもあるんだろうなぁ。**********************
気が付いたんだけど、僕は日頃ライフワークと呼べることしか、してない💦
それらは大概「たのしい修行」って感じかな。人と直に触れることや関わることって、たのしくて深遠なことだ。冬至という潮目からここしばらく、アレシオメーター(僕の場合は新しい練習中の笛ww)を手に、半ば無心に過ごしてたんだけど…どういう訳か年明けたらインスタでも始めてみようかな~と思い始めてる(笑)SNS苦手なクセに。

夏が過ぎて…

f:id:KishimotoTaro:20210920102115j:plain

旧友の三回忌に淡路島を訪れた。唯一、中高からつながってる友人だったんだけど…思いのほか早く逝ってしまった。彼の実家でご家族だけの法要…彼だけがいないのが何とも不思議で、そしてやはり、まだ実感がわかなかった。 ご家族と一緒に、彼の傑作な想い出話の数々をしながら、10代の頃の自分を、あの頃を久しぶりに振り返った。明るくて、あたたかい法要だった。


先週、学生さんたちの回答全てに、ようやく返事を出し終えた。もう仕事的には8月頭に終了してて、成績も出し終えてから一ヶ月が過ぎてるんだけど…タイミングを見繕いながら一通一通返事を書いてたら、えらく時間がかかってしまった(笑)

「レポートに対して個別に返事や感想を書いて来てくれる授業は他になくて、有り難かった」と後から書いてきた学生さんも多かったんだけど、そうなの??考えさせられる…。
授業の補足テキストや学生さんとのやり取りは、本にしたら毎年一冊分にはなる。実際本にできる訳じゃないけど…ホントは多くの人に読んで欲しいくらい。

今年の最終課題はこんな感じ。この設問の一つ一つの意味が読み取れる社会人って、今どれ位いるんだろう。残念だけど、まだ勘違いしたり早合点してしまう人の方が多いんだろうな。かなり大きな時代の変わり目を迎えてはいるけれど、旧時代の思い込みを捨て去ることができる人が増えるには、もう少しかかりそうだと思う。

******************************

①歌を作るつもりで、「ひとり」「ひとつ」「いきる」「いく」「めをさます」という五つの言葉を使い、詩を書いてみてください。

②あなたにとって「かけがえのないもの」とは、どういうものでしょう?もしくは「なくしたくはないもの(失いたくはないもの)」とは何でしょう?幾つでも良いので、思いつくままに書いてみてください。

③あなたがつい「機械的に反応してしまうこと」って、どんなことですか?普段の自分自身を振り返って、書いてみてください。※たとえば、誰かから頭ごなしに否定された時ムカッとするとか…パターン的なことが引き金となって、喜怒哀楽など(特定の感情)が半ば自動的に・反射的に、自分の中で引き起こされるようなこと

④「生まれたばかりのあなた」を、今のあなたが養育するとしたら…あなたは、自分自身をどのように育てたいと考えますか?空想を巡らせて、書いてみてください。
⑤あなたがもし「あなたの両親の、親だったら」…あなたは、自分の母親を父親を、どんな風に育てたいと考えますか?空想を巡らせて、書いてみてください。

⑥あなたが「今、自分がイメージできる最高の状態」にあるなら、あなたはこの社会で、どのような「はたらき」を担うと思いますか?
⑦あなたが現在「そうなれないでいる」、もしくは「今後、そうなれないような気がする」ならば、それは何故でしょう?あなたが「そうなれる」ことを阻んでいるものがあるとしたら、それは何だと思いますか?

⑧「私は常に、自分や自分のおかれた状況に、変化を起こすことが出来る。なぜならば…」という書き出しで、続きの文章を書いてみてください。

*****************************

たぶん大方の人が想像する以上に話があちこちに飛ぶ、超無節操な授業だけど(笑)今年もまた、宝石みたいな魂をいっぱい見せられた時間だった。みんな、ありがとう~こんなヘンテコ状態の世の中・カオスのような時代だけど、いろいろ考えたねー、いっぱい笑ったねー、輪になって踊れて楽しかったね…☺

みんな、いい人生をおくれますように☆彡

f:id:KishimotoTaro:20210920102253j:plain

はじめて、動物性の灯と、植物性の灯の違いを、実際に見せてもらった。 植物性の灯は、炎がくっきりしていて、人間の「動的」エネルギーを高める。確かにキャンプ・ファイヤーの炎も、テンション上がるからアッパー系と言える(笑)薪ストーブの炎は、アッパー系だったのか…。 対して動物性の灯、たとえば「ギ―」などの炎は、周囲にオーラのようなものをまとっていて、人間の「静的」エネルギーを高める。祭礼や儀礼などで用いられるろうそくは、本来は動物性の灯が基本だったらしい。道理で、昔の宗教画の炎の絵には、オーラのようなものが描かれていることも多い。日本ではやはり、蜜蝋の蝋燭などがいいのかな。
これほどまでに、エネルギーが違うとは。驚愕。
これくらいの写真では、分かりにくいと思うけど。

f:id:KishimotoTaro:20210920102413j:plain

夏至祭より前になるけれど、6月初めに久しぶりのホール・コンサート、久しぶりの南米音楽のステージがあった。数年前に出演したコンサート・シリーズで、アンコール希望の人気投票で一位だったらしく、とても光栄なアンコール公演だった。せっかくなので(笑)、この日は一日前と二日前に作った笛で全曲演奏。フツー演奏者は、舞台では馴染んだ楽器を使うものだとは思うけれど、僕はこういう事をよくやってしまう(笑)
以前このホールでコンサートをした時は、まだ父が生きていて、この近くの病院で入院中だった。看護婦からもらったと、チラシを見せてくれたのを思い出す。 我ながら、久しぶりのケーナ演奏ではあったけれど…良い演奏会だったと思う。万全の対策で運営して下さったホールスタッフの皆さんに深く感謝。

f:id:KishimotoTaro:20210920102513j:plain

SNSで料理をアップしたりはしない方だけど…フツーに日々料理してる(笑)今年の初夏、ふと思い立って麻婆豆腐の作り方を改めて調べて見たら…ずっと長い間、重大な勘違いをしていたことが判明!それから探求がエスカレートし、抜本的に作り方をかえたところ…ついに納得の麻婆豆腐が作れるようになってしまった。 中華食材はもとより、京都界隈で手に入る様々な豆腐を試した結果、麻婆豆腐にはコレ、という豆腐も定まって来て、我が家ではもはや別次元の麻婆豆腐が食卓にならぶこととなった…が、おかげで大概の店の麻婆豆腐には、満足できなくなってしまった…これはこれでショックではある。
だって、何で手抜きしてるか、わかっちゃうんだもん(笑)

f:id:KishimotoTaro:20210920102554j:plain

京北での男踊り講習会(ハンガリーの足しばき系踊りにチャレンジする会)も、ついに女の子たちを迎え入れ、カップルダンスへのチャレンジを始めるに至った。が!初めて参加した女性たちの、呑み込みの早さに男一同愕然…。なんでそんなに、いきなりイイ感じで踊れるんだ…。 このままではすぐに追い抜かれてしまう!と危機感を抱いた男どもの、ちょっとばかり不安がよぎる顔の集合写真をどうぞ。

f:id:KishimotoTaro:20210920102632j:plain

我らが講師ホーリー君の後輩、ノンちゃんの指導で、めきめきと上達する女性陣。
こりゃ、まじでヤバい。

f:id:KishimotoTaro:20210920102730j:plain

近所の友人たちと取り組んでいる醤油作りは、じわじわと進んでいる。様子を見ながら時間かけて世話を焼いていく過程って、つくづく大事だなぁ。
ここに突っ込んだ手で、炊き立てのご飯を握って食べたい。

f:id:KishimotoTaro:20210920102819j:plain

夏野菜にもいろいろあれど、我が家では毎年この季節、「空心菜」にドンはまりする。だいたい調理自体は、ナンプラー花椒を使ってミンチと一緒に炒めるパターンが多いんだけど、空心菜が出回ってるうちは出来るだけ食べたい!と思っているので(笑)近所の売り場で、目にして買わない日はないほど。 昔、自宅で水耕栽培してたことがあるけど、やはり近所の農家さんの空心菜が数段うまい…。

f:id:KishimotoTaro:20210920102853j:plain

う~ん、不動明王もこのレベルだと、アルメニアゴシック様式の教会で見る、ゆるキャラ級のレリーフたちに肩を並べられるかも知れん。










2021年、夏至祭

f:id:KishimotoTaro:20210629210439j:plain

天地の塔、今年はマコモ縄とドクダミの花が螺旋に巻き付けられた

6月21日(月曜日)、京北・夏至祭…これはイベントでもフェスでもコンサートでもなくてホントに「祭」なので、休日平日に関係なく夏至の当日に行なう。この国もこの社会も…早くそのことに気付いて、そういう暮らしを取り戻すことができたらいいのにと心から思う。
※この夏至祭は、特定の宗教にだけ基づいたお祭ではありません
2021年夏至祭記録映像 https://youtu.be/QBqzk5RSh78
2021年夏至祭準備記録映像 https://youtu.be/wcRHcWQ7xv0

f:id:KishimotoTaro:20210629210716j:plain

我が家のハーブ園は人知れぬドラマに満ちている
今年はなかなかレアな年で、夏至点が昼だったから昼の乾杯から祭がスタートした。数日前に設置した「しあわせの輪」や「天地の塔」を花やハーブで飾り付けながら、ゆっくりとお茶会。近所の友人たちはそれぞれやって来たタイミングで「ウツシダマ」をつくり、何気ないお喋りをしながら時間を過ごす。

f:id:KishimotoTaro:20210629210856j:plain

われらがアイドル、かやちゃんの今年のウツシダマ

夏至の日のハーブを摘んで、天地の塔やしあわせの輪、ウツシダマを飾ったり、料理に使うのが毎年の行事。ある程度は整備していたけれど、雨が続いた後はやはりハーブ園がカオスになっている(笑)でも、あまりにも手の入った庭は、それはそれで管理が行き過ぎた社会のようで、寒々しくもある。自然の、人知れぬドラマが見え隠れする庭の方が、せめぎ合いとしてはバランスが良いようにも感じるし、何より分け入った時にワクワク感がある。

f:id:KishimotoTaro:20210629211507j:plain

夏至点の乾杯の後はお茶会…イチゴケーキが美味過ぎる!大人が問われる瞬間…

今年はジューンベリーが当たり年で、ヒヨドリたちの来襲も少なく(笑)今までにない量が収穫できたので、「ジューンベリーをその場で絞ってソーダやワインで割って飲む」っていう、贅沢な遊びを始めた。砂糖不使用でも、とんでもない甘さとさわやかな香り!

f:id:KishimotoTaro:20210629211657j:plain

前の日に子供たちも加わってジューンベリー収穫…雨の如くベリーが降る

f:id:KishimotoTaro:20210629211849j:plain

その場で絞ってジュースにして飲むという贅沢…夜にはソーダやワインと割って飲む

ルーベリーも目下、鈴生り状態…子供たちがちょいちょい採りに行っては口いっぱいに頬張る。この日は太陽も人のエネルギーも何だかすごくて、まるで時代が早くも次に進んでしまったかのようだった。

f:id:KishimotoTaro:20210629212049j:plain

去年と違って、剪定が効を奏したのか大豊作…生い茂ってジャングル状態だけど(笑)

f:id:KishimotoTaro:20210629212345j:plain

夏至祭の昼間、近所の友人たちは自由なタイミングでやって来る

f:id:KishimotoTaro:20210629212647j:plain

前日までに設置された輪は、当日に花やハーブで飾り付けられる

f:id:KishimotoTaro:20210629212828j:plain

杉の葉は覚醒系のエッセンスがあるらしいが、確かに設置時、みんなハイになってる(笑)

毎年書いてるけど、聖なるの「聖」は「ひじり」と読み、これは元々「日を知る」の意。古来からこういう節目の日は、自分がどう生きるかを自然天然世界に向かって宣言する日でもあった。何気ないお喋りや遊びも、この日は聖なる儀式へと変容する。

f:id:KishimotoTaro:20210629212950j:plain

天地の塔の輪は、こうして回せる

f:id:KishimotoTaro:20210629213055j:plain

これがウツシダマ。ワラを丸く結んで行き、そこへハーブや花を飾り付ける。

夏至祭は冬至祭と同じく、地域住民しか参加できない「閉じた祭」なんだけど、僕はこの「閉じる」ことの意味について、「開く」ことと同じくらいにこだわって来た。「輪をくくる」…これは歴(れっき)とした知恵やアートだと思っている。

f:id:KishimotoTaro:20210629213331j:plain

ウツシダマは、それぞれの手で作られた後、こうして日に投じられる

ちなみに、世界各地に残る夏至の祭は、古来から男性性と女性性の融合…いわば二つの極の共鳴や融合がテーマの一つだが、エントランスの「天地の塔」も、天と地を結び付けるシンボルとして、祭会場である我が家の入り口に建てられている。横軸に作られた回転する輪は、ちょうど天と地の間にある僕たちの世界を表す格好になっているが、これも搭をはじめて建てた際に、自然とそういうデザインになった。縦軸や横軸、輪や回転といった要素が、万国共通のシンボルとして、この現象世界を表していく過程を、作りながら追体験しているというわけ。

f:id:KishimotoTaro:20210629213724j:plain

ウツシダマは、お互いが作っている過程を眺められるのも楽しい

そして「ウツシダマ」は、この夏至祭の要でもある儀式。かつて日本には、罪や穢れ、邪な想いやネガティブな想いなどを祓う方法として、石を使う方法があった。小さな石を手に取り、体温と同じ温度になるまで握りしめ、そこへネガティブな思いを移行させ封じ込めると、それを川に投げ入れ、水の流れによって浄化させていたという。よく、川で拾った石を持って帰るな、と言われたものだが、そこにはそんな理由もあったという訳だ。

f:id:KishimotoTaro:20210629214050j:plain

夫婦で作ってるのを見ると、それぞれの個性が滲み出てて面白い

夏至祭の「ウツシダマ」は、そんな「浄化」のアイディアを持つ儀式。ワラの紐を丸めて結びながら、そこに上記のような想いや浄化したい記憶などを込めていく。そしてそのワラの玉を、夏至の強い光を受けたハーブや花で飾りながら、エネルギーをカワイく美しいものに「変換する」のが、このウツシダマ。こうしてできたカワイくて美しい作品を、それぞれが火に投じる。自分の創造性でもって変換したエネルギーを、火を通して地球に返すというワケ。

f:id:KishimotoTaro:20210629214338j:plain

ジョンさんの今年のウツシダマは、コーヒーカップ型…おもろい

f:id:KishimotoTaro:20210629214429j:plain

親子で作っていくのも楽しい

f:id:KishimotoTaro:20210629214507j:plain

自然に、お祈りしちゃう

f:id:KishimotoTaro:20210629214553j:plain

火の持つ意味について、自然に色々考えちゃうね…

それにしても、持ち寄りパーティーのクオリティの高さが毎年ヤバい。みんなの創造性や日々の心持ちに、いつも感心させられる。地域に住む友人たち、そしてこの日の有り難き「し合わせ」に感謝。

f:id:KishimotoTaro:20210629214849j:plain

こうして、この日に集ってみんなで乾杯できることに感謝

f:id:KishimotoTaro:20210629214955j:plain

夏至祭の夜は、恒例の持ち寄りパーティー…ハーブを使った料理が並ぶ

f:id:KishimotoTaro:20210629215059j:plain

ヤバいっていう言葉を連発する世の中の風潮は、どうかと思ってる方なんだけど…

f:id:KishimotoTaro:20210629215238j:plain

f:id:KishimotoTaro:20210629215304j:plain

f:id:KishimotoTaro:20210629215332j:plain

f:id:KishimotoTaro:20210629215355j:plain

f:id:KishimotoTaro:20210629215446j:plain

…それでも、ヤバい!うまい!どうなってんの!?を連発してしまう(笑)

f:id:KishimotoTaro:20210629215539j:plain

見とれてて、食べ損ねた…くやしい!

f:id:KishimotoTaro:20210629215608j:plain

ここに書くの忘れてる人もいるけど…毎年、全部味見できない…。

f:id:KishimotoTaro:20210629215720j:plain

僕は今年は変化球で…雲南省の朝の屋台で食べた汁ビーフンと、ラフマジュンのソース

f:id:KishimotoTaro:20210629215828j:plain

テーブルに、沢山の手が伸びてる光景って、好き

f:id:KishimotoTaro:20210629215919j:plain

f:id:KishimotoTaro:20210629215947j:plain
※そろそろ我が家の構造的キャパを、次のレベルにアップすることを考えなければ…💦

f:id:KishimotoTaro:20210629220051j:plain

食の儀が終わると、皆が外に出て…

f:id:KishimotoTaro:20210629220140j:plain

f:id:KishimotoTaro:20210629220158j:plain

「しあわせの輪くぐり」が始まる

f:id:KishimotoTaro:20210629220239j:plain

輪くぐりの時に演奏される笛が、これ。

しあわせの輪くぐりは、カップルでも家族でも、友人同士でも…相手のいない人は一人でもできる。一年に一度の「結婚式」みたいなもので、夏至祭の「女性エネルギーと男性エネルギーの共鳴と融合」を象徴する儀式。結構楽しい♫
お祭って、「時間の中の定点観測」みたいなところがあって…それぞれの、一年の間の変化や成長が見えたり、これまでの何年もの歩みを眺めたりできて、感慨深くなったりもする。

f:id:KishimotoTaro:20210629220905j:plain

f:id:KishimotoTaro:20210629220929j:plain

f:id:KishimotoTaro:20210629220949j:plain

ちなみに、こうして友人たちが集まって、設置や後片付けをする

f:id:KishimotoTaro:20210629221031j:plain

準備や後片付けは「前祭」「後祭」ということになっていて、楽しいお茶会や食事会でもある

f:id:KishimotoTaro:20210629221136j:plain

ジューンベリーは予想以上の収穫だったので…

f:id:KishimotoTaro:20210629221347j:plain

夏至祭だけでは飲み切れなかったから…

f:id:KishimotoTaro:20210629221516j:plain

こうして発酵させたのを楽しみながら、祭の余韻を味わっている









5月。田んぼでは…近所では…


www.youtube.com

 

5月の初め…近所の田んぼで、合鴨たちがはたらき始めている。と言っても、正確に言うと合鴨たちは、毎日少しづつ田んぼに慣れていってるところで、はたらいてるのはむしろ、この地域の大人や子供たちかも知れない。キツネやテン、カラスやトンビなど…無防備なヒヨッコたちを狙うヤツらが、山に囲まれたこの地域にはいっぱいいる。ヒヨッコたちの成長を見守る人々の「育み力」にいつも心動かされる。 

f:id:KishimotoTaro:20210615195148j:plain

うちの裏手から峠を行くと、美しい森が拡がっている
22日土曜日は、まだ広く知られていない北陸新幹線延伸計画の問題を、よりリアルに捉えるための山歩きツアーに参加した。この、環境的にも経済的にも常軌を逸した破壊計画は、京北や美山のような山村だけでなく、京都市街地や近隣県をも巻き込んで、近未来に甚大な被害と損失をもたらす可能性が高い。気合を入れて臨むつもりが、何故か遠足前の小学生のように一睡もできず…それでちょっと惚け気味だったのか、山道で膝辺りを変にグネってしまい、行程半分からは膝が痛くてまともに歩けなくなってしまった。この歳になるまで、骨折はおろか捻挫もほぼしたことなくて、こういう痛みもいわば初めての体験…だったが、この山道はかつて平家の落人も歩いた道らしく、それならうちの先祖とも何らかのつながりがある訳で、そんな風に人々の道程に想いを馳せていたら、今度は今まさに山越えで国境を越え避難している難民の人々のことを考え始めてしまい…足元だけではなく、心までが一人さまよってしまった。

f:id:KishimotoTaro:20210615185649j:plain

のどかな風景にも見えるが、豪雨災害で広域林道工事の土砂が下流まで流されてきた現場…実際に目の当たりにすると、やはり大型工事による環境破壊への危機感がつのる

f:id:KishimotoTaro:20210615190431j:plain

森の中には妖怪のような木もちらほら…人間が二人くらい楽に入れるくらいの室が

f:id:KishimotoTaro:20210615195432j:plain

立ち枯れた栗の木も、半ば精霊化している…

23日日曜日は京北村民歌舞プロジェクト、今年の目玉企画(?)「男踊り講習会~野郎どもでもカワイク踊れるゾっ」だった。第一回目は夢のハンガリー・足しばき踊り(注:そんな名前ではない)。京北を日本のトランシルヴァニアに見立てての計画…予想以上の盛り上がりで、これは地域に新しい風が吹くのではないかと期待が膨れ上がる。

f:id:KishimotoTaro:20210615185220j:plain

これは基礎を習っているところ

f:id:KishimotoTaro:20210615185340j:plain

終わったら、男お茶会

f:id:KishimotoTaro:20210615185451j:plain

ダンス隊結成写真(笑)何十年か経って、皆で懐かしくこの写真を見る時がくればいいなと思う

その後、近所の友人宅での野草料理のパーティーに…達人のハイレベルな「葉っぱ料理」たちを囲んで、ムーミン谷の住人みたいな人達が集う。以前から思ってたけど、今僕の周りにいる人たちは、大人も子供もエンジェルみたいな人が多い。もともと僕自身は、あまり人間と群れることができないタチだったんだけど、京北にやって来て少々変わってしまったのは、おそらくその辺りに理由があるのかも知れない。

f:id:KishimotoTaro:20210615195556j:plain

カラフルな野草料理…ちなみに、むちゃウマい!

f:id:KishimotoTaro:20210615195649j:plain

台所はついつい覗いてしまう

f:id:KishimotoTaro:20210615195806j:plain

子供たちが群がる木…前よりもツルツルになってる…(笑)

f:id:KishimotoTaro:20210615200236j:plain

対面式の火どころはいいなぁ~

f:id:KishimotoTaro:20210615200334j:plain

う~ん、こういう会はこの季節、しょっちゅうやった方がいいな

f:id:KishimotoTaro:20210615200529j:plain

本当に、美味しくて多彩な野草料理でした







2021ツクル森(11/6,7)は、もう動き始めている

今年のツクル森(11月6日・7日)が、動き出している。
https://www.tsukurumori.com/
この歳になって、ようやく人と一緒に何かをつくり出すことの楽しさを知り始めてるような…そんな気もするけど(笑)、もしかしたらそれは、きわめて楽しい人たちが今ここに、つながりつつあるということなんだろうか??
ともあれ、今はすごい時代だなぁ〜ってしみじみ思う。暗く沈んだエネルギーが漂う中、あちらこちらで明るいエネルギーが光を放っている。もう随分前から始まってはいるけれど…一人一人がこの世界に加えていくもので、一歩先の世界はおそらく一変する。
そろそろ世界を変えていこう

※写真は、5月15日夜に行われたツクル森Zoomミーティング
 

f:id:KishimotoTaro:20210518012739p:plain

f:id:KishimotoTaro:20210518012839p:plain



春…大学の講義始まる


www.youtube.com

春、満喫…とはいえ朝は0~3度くらいまで落ちることもあるから、日中との温度差が大きくて、草花やクマンバチ、蝶々たちからも何となく戸惑いのようなものを感じる。世の中は相変わらずヘンテコ状態驀進中だけど、今は外で過ごすのに最高の季節…そしていつも通り、自然は人間どもを待ってはくれない。この地に移って来て最初の年は、リアルに朝から晩まで庭仕事をしていたけれど、寝る前に体重計に乗って4キロ近く減ってた時は、さすがにヤバいと思った。最近は無理しないで(笑)自分に甘く、暮らせるようになった気がする。でも案の定、草刈りも整備もなかなか追いつかない。

 

f:id:KishimotoTaro:20210428183409j:plain

闘病中の母を連れて母宅の近くの公園へ。母はあまり足が動かないんだけど、無理しても来た甲斐があったと何度もつぶやいていた。桜の黒い幹と薄ピンクの花のコントラストを眺めていると、いろいろ感じ入るところがあるなぁ。

さて、前期だけ担当している大阪大学での授業が今年も始まった。昨年受講してくれた学生さんが数人、再履修希望なるものを出して、二度目を受けに来てくれている。僕は授業を受けに来る学生さんたちに愛着を感じているので、素直に嬉しい。授業のタイトルは昨年と同じく、「共生の技法~ヒトはなぜ、うたい踊るのか~」。

f:id:KishimotoTaro:20210428183700j:plain

春になると、去年風に運ばれたままの線上で「タンポポ・ライン」が出来ている。

よく「どんな授業されてるんですか」と尋ねられるんだけど、一言で説明できない。社会人対象の講演会などをすると、「こういう話を学生の頃に聞いておきたかった」と仰る方が結構多い。でも実際には学生の頃に聞いても、ピンと来ない話も多いはず。でも中にはピンと来る学生さんもいるだろうから、キョトンとされたり聞き流されたりするのを覚悟で(笑)、そういう話も盛り込むようにしている。

f:id:KishimotoTaro:20210428183939j:plain

京都の街でぽっかり空いた時間に、北野天満宮を歩く。参道で上を見上げている人は少ない。でも、上の方ではすごい光の饗宴が繰り広げられている。

f:id:KishimotoTaro:20210428184033j:plain

これは大阪大学の構内。散らばった葉っぱを眺めているだけで、いくらでも座っていられる。 皆、こんな風にして過ごしたりしてるのかなぁ…ここにいられるのも、ここで好きなだけ座っていようと思えばそうできるのも、ほんの数年のことなんだよ。

現代日本人の多くは、一つ一つの言葉についてあまり知らないまま(知ろうとしないまま)、周りの人が使っているのを受けて「ただ使っている」。その意味や概念がどこかでおかしくなっていても…みんな同じようにして「ただ使っている」ものだから、気付く機会がまずない。これは「音が狂ったままの楽器を、みんな気付かずに鳴らし続けて、メロディを奏でてる気分・合奏している気分になっちゃってる」のに近い。社会の大部分がそうだったら、これはえらいことだ。 

f:id:KishimotoTaro:20210428184126j:plain

今年は鴨川べりをいいタイミングで歩くことが出来た。 この辺りは空気が美味しいな。川はもっときれいにしたい。この近くに住む人たちがその気になればそれは実現するだろうな。

でも日本は既に「えらいことになってる」状態が長く続いていて、随分昔から「個々の思考は乱れやすく、感性は機能しにくい状態になっている」。もしくは、別の機能を果たす状態に「追い込まれている」…と言ってもいいかも。

 

言葉はみんなが日常的に使っている「音」だから、その「調律や調整」は、即効性と実用性がある。なので、そこを入り口にして、日常の中でのものの捉え方や感じ方、考え方や行動を見直していくようなことを、授業ではよくやっている。

f:id:KishimotoTaro:20210428184302j:plain

去年も書いたけど、自分がこんなにチューリップ見て胸キュンするようになるとは思ってなかった(笑) 今年はどういう訳か四つがフォーメーション組んで風に揺れている。夕方にいそいそと閉じてるのがまたカワイイ。

f:id:KishimotoTaro:20210428184347j:plain

去年植えた、我が家の八重桜。僕は八重桜がかなり好き。桜餅みたいで美味しそうだから(笑)

教育が「おかしな状態」になっているのは、今に始まったことじゃない。僕が子供の頃から既にそうだったし、僕自身もその頃から気付いていた。仮に現場の教師たちがそれぞれ問題意識を持って取り組んでいたとしても、どうしても限界や制限もあるし、この国の現状がこれでは心ある教師から順に疲れ果ててしまう。就職活動で「頭がいっぱいな状態に、させられている」学生さんたちの言葉の中には、彼女ら彼らが直観的に感じているこの社会の危機が顔を覗かせる。 

f:id:KishimotoTaro:20210428184446j:plain

今年は、カモミールのパワーがスゴイ。整備した甲斐があったなぁ…可愛すぎるやろう。でも摘んでお茶にしちゃおっかな~~~~(笑)

f:id:KishimotoTaro:20210428184528j:plain

我が家の暴君(笑)キウイ。とにかく、何でこんなにのびるの?って思うほど、ギュンギュンにのびる。今年こそ摘果して大きくしないと…枝を切っても、葉っぱつまんでもキウイの香り。恐ろしいヤツ。アホほど獲れるけど、僕はキウイアレルギー(笑)

f:id:KishimotoTaro:20210428184637j:plain

孤高のチューリップちゃん。独りで大人の雰囲気を醸し出している…

f:id:KishimotoTaro:20210428184713j:plain

これは春の初め、ジューンベリーが咲いた際の写真。この白い花が辺り一面に散ったら、いよいよ本格的な春が始まる。それにしても綺麗。近くを飛び交う鳥たちの、ソワソワ感が伝わって来る。

今年からは、授業最初のアンケートに「これまでに、死んでしまいたいと思ったことや、そんな風にして悩んだことはありますか?もしあるならば、その悩みは何によって引き起こされたのだと考えますか?」という項目が加えられた。これはただ単にそれぞれの経験について尋ねているんじゃなくて、今の時点で改めて「自己観察」して書いてもらうことに主眼を置いている。 

f:id:KishimotoTaro:20210428184825j:plain

キッチンの野菜棚から、白菜様の雄たけびが聞こえる。なんじゃこりゃぁぁあ!!?白菜大観音が花を咲かせていた…

この社会に居場所を得るために、「取り引き」をせまられるような世の中…「そこには本物の言葉も人間も、感じられないでいます」と書いてくれた学生さんたち、損得勘定して割り切ることが大人になることだとは、どうしても思えないでいる人たちに、光射す時間というか…多くのきっかけや意味のある授業がしていきたいなぁ…と、タイムの間を飛び交うミツバチの羽音を聞きながら、毎年のように思う。

f:id:KishimotoTaro:20210428184929j:plain

ぽっかり空いた時間に、双ヶ岡の山を散策。グルグルのヤツラが、ギュンギュンきてる。いいね、斜めになったのをしり目に、まっすぐ伸びて(笑)

f:id:KishimotoTaro:20210428185008j:plain

近所の桜。最近人間、騒いでるけど、どうしたの? って、かわいくつぶやくが如く。いい風が吹いていた。




⑥一枚目のアルバムの7曲め…「アカイツキ」のちょっとバカな物語


アカイツキ/きしもとタロー(ミヤコオチ) The Red Moon/Kishimoto Taro (Miyako-Ochi:New style Quena) - composed in 1997

 

小学校の時、「小説を書く」という授業があった。最終的には自分で表紙を付けて原稿用紙を綴じた後、冊子で提出する事になっていたが、あくまで授業なんだし、時間内で提出できるボリュームの物語を書けばいいものを、僕は書き終えるのに数ヶ月はかかるであろう壮大な一大巨編にとりかかってしまった。当然のことながら、締め切り日に提出できたのは大巨編の冒頭部分のみ。本編が始まる前のプロローグだけで既に提出分のページ数を超えていた。

「紅い月が輝く夜に、それまで存在すら知られていなかった世界各地の古代都市の遺跡や遺物が、海底から、そして連なる山脈の尾根や地底から、月の引力に導かれるようにして次々に姿をあらわす」…その「次々と姿をあらわす古代都市の遺跡や遺物の数々」のシーンだけで、既にテンションがマックスに上昇した僕の文章は、友人たちにも先生にも意味不明のシロモノだったらしく、発表でさわりを読み上げた際には教室が静まり返り、読み終わると先生が困惑の表情を浮かべていた。「えっと、あちこちに話が飛び過ぎてて、意味がよく分からない…これは何の話??短くできなかったの?」

え、あちこち?短く?地球規模に話を展開したら、いきなりの拒絶反応か。ダメだ!この連中には壮大な考古学ロマンが通じない。地球文明が・これまでの歴史がひっくり返るような物語なのに、今まさに月の正体が明らかになり、様々な超古代文明が実はつながっていたという、人類史を塗り替える事実が明らかになる物語なのに(注:小学生の妄想)。「それからどうなるの!?」という声や、「もっと読みたい!」という声が上がるかと思いきや、友人たちは全く無反応。授業であることも無視し、思いつくままに好きなものを書こうとした結果とは言え、虚しさが胸をよぎった。思い返すに僕は、この頃からあまり変わっていないのかも。

さて97年作曲のこのアカイツキは、そんな子供の頃の妄想のために作った、という訳ではない。この曲では南米の縦笛Quena(ケーナ)を基に僕自身が開発した竹笛ミヤコオチを使用している。子供の頃は後先考えずに何かを始めてしまうものだけど、僕はよく発作的に着想を得て、昼夜問わず色んなタイプの笛を作っては、試行錯誤を重ねてきた。家族にとっては大迷惑である。

ミヤコオチはそんな試行錯誤が生み出した笛の一つで、吹き口は昔のケーナのような四角い切込み型、表に6つ・裏に1つの指孔を持ち、左手の人差し指は指孔ではなく笛を保持し、指から歌口に向かって一定の圧力を加えた状態で演奏する。南米音楽と日本音楽とアイルランド音楽等の技術をミックスしたような奏法で演奏するので、少なくともそれらの素養がないとこんな風には吹かないだろうし、通常ケーナと呼ばれている笛を演奏する人で、こんな曲を演奏する人も演奏したがる人もいないだろう。

僕は都節という日本の旋法で幾つも曲を作ってきたが、その旋法の中の二つの音に、それぞれから落っこちた音を二つ付け加えるとハーモニック・マイナーの音階になる。この都節とハーモニック・マイナーに、何か文化的な親和性というか歴史的つながりのようなものを感じ、それら両方の旋法をベースにして作ったのがこのミヤコオチだ。何のこっちゃ、と思われるかも知れない…僕の中にある関心事や知識のおよそ8割位は、他の人にとってほぼ意味不明であろうことは、さすがに僕自身(これまでの人生で)自覚できている。

子供の頃から僕は月の光に興味津々だったけれど、それはある意味「怖いもの見たさ」のような感覚だったと思う。中でも紅い月は「極めてヤバいパワー」を放っているから、それで上記のような物語を小学生の時に思いついたのだと思う。青い月の夜は、どこか静かで澄んだような気持ちにもなるけれど、紅い月が浮かぶ夜は、自分の中の「うねり」のようなものが形を成していくような錯覚が起こる。月からの「視線」を感じてこちらも見返すと、自分の奥底にある得体の知れないものが、自分の及び知らぬところで呼応し始めるような、奇妙な感覚を覚えることがある。どこか怖くもあるけれど、そうしてついつい眺めてしまうのは、もしかしたら自分の内にある何かがそこに映し出されているから…なのかも知れない。

そう言えば僕は笛を作り始めた頃から、笛という楽器にある種の「恐いもの見たさ」を満たしてくれる力のようなものを求めていた。大きな音であるとか、キツい音というようなことではなく、もっと特殊な波長というか振動というか…人間以外のものが至近距離から声をかけてくるような、自分の中の「人間じゃないもの」を呼び起こす呪文のような音。静かで容赦のない「揺さぶり」のようなもの。たぶん僕は笛と言う楽器に、そんな「揺れ・揺さぶりのようなもの」をずっと求めている。

笛を吹いている人は世の中に沢山いるし、笛の音が好きな人も沢山いるだろうけれど…この楽器に求めているものや、この楽器の音色に対して持っているイメージ・こだわっているポイント等は、当然人によって異なってはいる。しかし僕の場合は、特に異質な方かも知れない。もちろん人から注文を受けて笛を作る時や、人に笛を教える時なんかは、自分自身の好みやこだわりは脇に置いてはいるけれど(そうしないと仕事にならない)。

僕は子供の頃から、耳に入る様々な笛の音色や演奏を具現化すべく、次々に笛を試作し演奏してきたから…たいていの笛の音色や演奏スタイルは「過去に一度は通過している」。つまり多くの人が好むような音色を出したり、そういう音色に合致した技術で演奏することは、正直それほど難しくはない。でも「自分が」そういう音色や演奏に魅力を感じているかと言うと、僕は上記のような「揺さぶり」を持っていないものは物足りなく感じたり、幼いものや無害なもののように感じて、それほど関心が持てなかったり、場合によっては無反応にもなってしまったりするから…。

じゃあ、害があるようなものが好きなの?と言われると、それはもしかしたらそうなのかも知れない。やさしいけれどグサッとか、静かだけど激しいとか、柔らかいのにコワいみたいな…もともと人間が「都合よく」自然に求めているようなファンタジー的イメージ世界はあまり好きではないし、むしろそういう人間的な思惑の世界観に、横槍を入れてくるような、不意打ちをくらわしてくるような、少々ヤバい系のエネルギーというか…そういう響きや歌いまわしを持ち得ていなかったら「笛である意味」って限りなく薄くなってしまうんじゃないか、とまで思っている。そして年齢を重ねるごとに、そのような偏愛的傾向?は強まって来てる気がする。ちょっとマズいな。

そうはいってもこの曲も随分昔の曲だから、改めて聴くと自分でも幼いなぁとか若いなぁとか、拙いなぁと感じてしまったりもする。自分が求めているものが変化していくことって、本当に興味深い。

ところでこの曲、「あるところ」でBGMとして使用されていたことがある。「この曲をぜひ、使わせてください」と言われて、「ドウゾ~♫」と言ったっきりなんだけど…曲がかかってる現場には、結局一度も行けなかった。ナマで見ておきたかったな~。

 

プロレスの選手が、リングに上がる時のBGMだった(笑)

⑤二枚目のアルバムの冒頭曲、「ホシノウエデ」

「はぁ、どこの星から来たの?」「ほんとに宇宙人なんだから」…大人になるにつれ、度々そんな風に言われるようになった僕は、確かに小学生の頃、学校や世の中に居心地の悪さを感じるあまり、よく独りで校庭のジャングルジムの上から辺りをぼんやり眺めては「なんでこんなトコに来ちゃったのかな~」と考え込んだりしていた。民族博物館の資料やラジオ等を通して、世界各地の伝承音楽を片っ端から聴いていた中高生の頃には「ここを離れる前に、出来るだけ触れて記憶しておかねば。いつかなくなってしまうから」という、奇妙な焦燥感を抱いていたことも思い出す。
誕生日を迎えた後の最初のアップは、この「ホシノウエデ」。一枚目二枚目のアルバムの収録曲はほぼ90年代の初期作品だけど、この曲だけが2005年の作品。二枚目のアルバムを録音する直前に作った曲で、10分ほどの間に思いつくままにまとめた短い旋律と、繰り返しだけのシンプルな構成、単純な和声進行と5拍子…一度も人前で演奏しないまま収録し、その後もほとんど人前で演奏しなかった、小さな曲。
この曲の解説には、こんな文章を書いていた。“手をつないで輪になって踊る…この曲はそんな輪舞の曲として作った。僕たちはどんなに親しい間柄でも、互いの事をほんの一部しか知らない。ふと目にした何でもない風景、自分だけが知っている出来事や経験、記憶のそこかしこに結晶化した、言葉にできない想いの数々。この世を去る時、自分だけが抱きかかえて持ってゆくような、そんな「時間の集積」が、僕たち一人一人を形作っている。僕たち人間は、人の形を借りた「時のかたまり」だ。人と人が手をつないで踊る時、そんな時のかたまりと時のかたまりが「人の形を通して、つながっている」ようにも見える。別々にあるかのように思える一人一人の物語は、どこかでつながっている。そのことを僕たちは知っているから、手をつないで踊るのかも知れない。「時」と「時」が手をつなぐ…この星の上で。”
昔から僕は、この「時」という言葉に強いこだわりを持っていた。トキという音そのものに、どこか神秘的なものを感じていた。世の中の多くの人は何気なく使っているかも知れないけれど、「時」は時間や時刻といった言葉とは少々イメージが異なっている。「時間」は元々時と時の間(幅)を表す言葉だし、「時刻」はその時間を一定の目盛りで刻んだ言葉。一方「時」は、長さも重さも変幻自在で伸び縮みもする。経験や想いなど様々なものごとを含みやすい言葉で、記憶や場面のような意味合いを持つこともある。
僕たちはこの「時」や、その間や幅である「時間」、それらを「味わうこと」でこの現象世界を生きているとも言える。たとえば一枚の絵にも、画家がキャンバスに向かっていた時間が封じ込められているし、その絵を描くまでの経験や記憶、その時々の想いも絵のそこかしこには封じ込められている。それが写真であっても、彫刻であっても、料理であっても、誰かが鳴らした楽器の一音であっても…形になって表れたものや、形にして表されたものは、それ自身の内に幾つもの時を封じ込めている。
野菜一つでも、収穫されるまでの時間をその内に秘めているし、太陽や土、水や風、他の植物や虫や動物たち、育てたヒトの手やそのヒトの想いなど…様々な関り合いの記憶もそこには封印されている。そんなことに想い馳せるまでもなく、ただ食えばいいじゃないかという人もいるだろうけれど、想い馳せる人々がどれくらい深くその味を味わうかは想像もつかないと思う。
絵を描いたことのある人なら自然に目の前の絵の中に、畑をやったことのある人なら自然に目の前の野菜の内に、「時や時間の所在」を感じることだろう。しかし楽器を作ったことのない人や、陶器を作ったことのない人は、それらの中にどれくらいの時や時間が凝縮されているか想像もつきにくいかも知れない。ましてやそれがモノではなく、演奏だとかアイディアのような「形がないもの」だったら、その背後にどれくらいの時や時間が連なっているのか、イメージすらできない人も多いだろう。
時や時間の所在に「敏感」な人は、必ず何らかの経験や知識を人並み以上に持っている。それはつまり、これまでの人生で、「自分の中にも」幾つもの時を生み出してきた、ということでもある。それは一言で言うと「立ち止まった回数」のようなものだ。
味わうって、「読みとる」ということにも近い。これはただパッと反応するようなことじゃなくて、立ち止まってジッと見るようなこと。今の社会はピンからキリまでの情報に溢れていて、それで思考が振り回されてしまう人も多いから、多くの人が情報や知識を「表面的には求めながらも、どこかで恐れ、避けてもいる」。また「パッと見てパッと反応するのが、感じるということ」と勘違いしたり、「考えたらダメなんだ」と思い込んでしまって、普段から思考すること自体を避けてしまっている人も少なくない。好きだとか嫌いだとか、分かるとか分からないとか…パッと反応することばかりに埋没して、立ち止まることには反射的に不安を覚えてしまう人も多いのかも知れない。
残念なことだけれど、効率主義と損得勘定が蔓延する今の世の中では、立ち止まることも、時間をかけて何かを眺めることも、一つの問いを持ち続けることも、奨励されてはいない。子供たちは次から次へとけしかけられて、やらされて、どこか追い立てられてもいる。「得たいものを得るための時間・周囲の理解や同意や評価や共感が得られるような時間」以外の時間は、まるで無駄で無意味な時間であるかのように思い込まされたら…人間はどこかに向かって忙しく通り過ぎるだけのような人生しか歩めなくなる。
「それどころじゃないからね」「食べていかなあかんから」「仕方ない」「忙しい」「みんな、そうだから」というような、長年月をかけて教え込まれた呪文を周囲の人と唱和しながら、道端や足元に咲いている花にも「気付かないように・見ないように・立ち止まらないように」して通り過ぎるようになると、誰かに出会っても「実は出会えていない」ような状態、そこにいても「実はそこにいることも出来ていない」ような状態になってしまう。これって、話しかけられていても気が付かない、どこに自分がいるかもホントは知覚・認識できていない、催眠状態のようなものだ。
それが人であっても、人の言葉や行動であっても、人が作ったものや表したもの、山や川や海や木々であっても、食べ物であっても…目の前のものを「味わう」ためには、その前で「立ち止まってみる」ことが必要で、実は立ち止まることというのは、「自分の中に時を生み出す」ということでもある。これはとても面白いことなんだけど…世界を観察することで、世界が生まれるというか、自分の中に世界が生まれるから、自分が見えてくるというか…「目の前のものの中に時や時間の所在を感じ、その時や時間のページを開こうとすることで(つまり、味わおうとしたり、読み取ろうとしたりすることで)、人間は自分の中にも、新しい時を生み出す」ということ。これはどういうことかと言うと、「味わっているものが多い人ほど、その人自身もまた味わい深い人になる」ということなんだけど、このことを知らない人は意外に多い気がする。
僕たちは本当の意味で、お互いの前で「立ち止まって」、その時にしかない「時」を生み出すことが出来ているんだろうか。誰かが何気なく口にした言葉や、何気なくした行動にも、その向こう側には幾つもの時が封印されている。目にした一瞬、耳にした一瞬に、その向こう側に長~い時間や幾つもの時の所在を「感じる」こと、それが「時の封印を解く」ということの第一歩と言える。
これは僕のイメージだけど、目の前の人の背後に、大きな部屋のような空間のような、一種の拡がりがあって(背後という位置表現は便宜上のものだけど)…そこには分厚い書物や太い巻き物が山積みになっている。その所在を感じた瞬間に、それらは「手の届かないところではなくなる」。どういうことかと言うと、感じるということは「心がそちらに動く・拡がる」ということでもあって、それは「距離を消す」というはたらきを持っているからだ。
本当の意味でその人の前に立てるなら・本当の意味でその人に出会えているなら、普段は手が届かないような向こう側の奥底の方に山積みにされた書物のページが、すぐ目の前で開き、自分の中の書物に書かれたものと相手の書物に書かれたものが、「かってに話し始める」ようなことが起こる。そこでお互いにとって、まさに新しい世界が開闢(かいびゃく)することもある。
これを僕は「ヒトとヒトは、互いの中にある時を運び、出会わせている」というような言い方で表現している。人はヒトの形をしているけれど…人は「自分が」思考し行動していると思い込んでいるけれど…本当は人はヒト以上のもので、そんな「ヒト以上のもの」同士が、ヒトの形を通して、大きな想いのようなものを、この星の上で形にしていっている。まぁ、そんなことを僕はずっと想像してきた。
なので、自分で曲を作っていながらも、それは作っているのかどうかさだかではないと心のどこかでは思っているし、誰かと出会って話していても、出会って話しているだけとは限らない、と心のどこかで思っている。こういう話をしても、ピンと来ない人には意味不明かも知れないけれど。
そう言えば僕は、人間が何か別の生命体に見えていることが度々ある。なので、目の前の人を「しげしげと眺めてしまう」ことがある。単なるヤバいヤツになりかねないんだけど…たぶん僕の中に、まだ人間になり切れていない部分があるのかも知れない。僕は人間にもミュージシャンにも、成り損なった生命体なのかも知れない。
昔、人形でおままごとをやった経験のある人は分かると思うけれど、子供たちは手に持った人形の「キャラに入り込んで」やり取りをしているけれど、本当のやり取りは、背後にいる子供たち同士がしている。おままごとの間は基本的に子供たちは互いの人形に意識を向けているが、時折相手から思わぬセリフが飛び出したり、思わぬストーリー展開になったりすると、思わず人形を手にした友達の方を見てしまう。そんな経験をお持ちの方もおられるのではないだろうか。
人形があれば、おままごとに参加できる。そこでは、子供たちの暮らしや環境、経験や想いが映し出されている(おままごとのセットは、まさにウツシヨだ)。それと同時に、普段は具現化できていないことや将来の夢、それから普通なら経験し難いことまで…おままごとの中でなら「やっていい」訳だから、そんな経験し難いことまでも友達と一緒に経験できる「おままごとの空間や時間」は、子供たちの成長にとっておそらくかけがえのないものなんだろう。
僕は今の現実の社会を、普段の生活を、そんな風に見ているようなところがあるのだと思う。「時のかたまり」と言ってもいいし、見えているそのヒト以上の「何か」と言ってもいいんだけど、それは固定されて枠で囲まれたような存在じゃなくて、「生き交える無数のものたちが、ある形を成している、瞬間的な状態」っていうイメージかな。それがヒトの身体を「手に」して、時空を超えた?おままごとをしている。
数年前から、自分が住んでいる京北というところで、世界各地(東欧やコーカサスなどが多い)の「手をつないで輪になって踊るダンス」を体験できる催しや講習会を続けているが、僕自身は昔から何でも独りでやりたがる方で、群れることは基本的に苦手で、集団というものをいつも避けていた方だった(笑)なのに、どういう訳か、学生の頃から「なぜ人間が集まると輪を形成するのか・なぜその輪の形態が様々なのか・なぜ手をつなぐのか・肌と肌が触れた時に本当は何が起こっているのか」というようなことに興味があって、卒論でもそういうテーマを挙げていたし、今はこんな企画を定期的に立ててもいる。全く不思議だ。
人が集まって、輪になって踊っている時、おそらく踊っている本人たちが楽しいとか、そういうことだけじゃなくて…何か僕たち自身が認識出来ていない「それ以上のこと」が起こっている気がする。僕たちがつなげているように見えるものは、実は僕たちがつなげている訳じゃないのかも知れない。僕たちがつながっているように見えていても、本当はそれ以上のものがつながっているのかも知れない。僕たちが出会っていても、本当は僕たち以上のものが出会っているのかも知れない。そしてそれは、本当は出会いではなくて…「再会」なのかも知れない。
同じ時代に生まれ、同じ地域で暮らし、同じ学校や同じ家で暮らす者たちは、同じ時間の中にいるように見えるのに、どうして別々の肉体の中で、別々の経験と記憶を重ね、別々の想いを抱き別々の「時」を過ごしながら、「世界や時を分散させている」んだろう…僕はそれがずっと不思議だった。
このホシの上で、同じ時に居合わせたヒトとヒトが、お互いの前で本当に立ち止まって、そこで一緒に互いの中の「時」を開き合い、そこに新たな「時」を生み出せるなら、ココにやってきた理由は今よりもずっと、見えてくるような気がする。